膣カンジダは市販薬の膣錠で治せる?

膣カンジダとはカンジダ菌という真菌でカビの一種が膣内で繁殖し炎症を起こします。
症状としては外陰部が赤く腫れ、激しい痒みを伴います。

また、おりものがカッテージチーズやヨーグルト状になり量も多くなります。
人によってはおりものの匂いが気になるなど、女性の5人に1人は膣カンジダが発症すると言われています。
膣カンジダは医療機関で治療をしても体の抵抗力やストレスによって再発しやすいのが特徴です。

しかし膣カンジダは、いまや市販薬で治療が出来る時代です。
再発しやすい人にとっては、何度も病院に通わなければいけないので煩わしいと感じることも少なくなかったのではないでしょうか。
市販薬の種類も豊富で膣錠タイプと軟膏タイプと分かれます。

膣錠タイプはおりものに異常を感じる場合に膣内に挿入して使用します。
軟膏タイプは外陰部の炎症や痒みを抑えるのに有効で患部に直接塗ります。
市販薬といえば、フェミニーナシリーズはテレビcmで知ってる方も多いのではないでしょうか。

他にもメディトリートやオキナゾールなどの膣錠はカンジダ菌を殺菌し根本治療に有効です。
激しい痒みを伴う場合はメンソレータム配合の軟膏を使用すると和らぎます。
またおりものに異常があり外陰部も激しい痒みを伴う時は軟膏と膣錠を同時に使用することも可能です。

しかし中には併用不可としている物もありますので注意が必要です。
同じシリーズでもフェミニーナ市販薬はカンジダ治療用とカブレ用軟膏に分かれますので併用不可です。

オキナゾール硝酸塩が含有されており、膣錠だけで外陰部にも効果があります。
メディトリートは膣錠と軟膏タイプがあり併用可能であり、商品によって使用方法は異なります。
基本的に膣カンジダ市販薬は、過去に病院で膣カンジダの診断を受け、治療を受けていて再発してしまった方が購入できます。
過去に医療機関での膣カンジダの治療がない方は、市販薬を購入できませんので医療機関で治療をする必要があります。

カンジダは放置すると悪化していく

膣カンジダは体の免疫が高くなれば自然治癒することもあります。
免疫を高くするにはバランスの良い食事と質の良い睡眠、適度な運動などの、生活習慣も大きく関わってきます。

また、常に清潔で通気性の良い下着を身につけることも大切です。
気を付けなければいけないのが清潔にしようと思って膣洗浄剤を乱用するのもカンジダ菌が増殖し、悪化します。
免疫を高めることによって自然治癒も可能ですが、しかし、あくまでも軽度の場合です。

炎症が重度の場合、治療をせずに放置すれば悪化します。
カンジダ菌は元々は体に常駐する菌ですが、風邪を引いて抗生物質を飲んだり疲労が溜まったり、不衛生にすることによってカンジダ菌が増殖します。
増えすぎてしまった菌に関しては治療を行うほかありません。

炎症が重度になると激しい痒みを伴い赤くただれます。
掻かないように気を付けてもあまりの痒さに耐えられるかどうか、というところでしょうか。
掻け掻くほど炎症は悪化し次第に排尿障害も起きてしまいます。

そうなれば市販薬ではなかなか治らず医療機関で治療するほかありません。
痒いからと言ってカンジダ治療薬以外のかゆみ止めやメンソレータム配合の刺激のあるものなどは炎症を悪化させますので注意が必要です。
カンジダを放置しすぎて何年も炎症と自然治癒を繰り返す人もいたりと、安易にとらえる人も多いですが、デリケートゾーンだからこそ、常にメンテナンスをする必要があります。
規則正しく生活していても、体内環境やストレスで再発しやすいので、医療機関で治療する時間がない人は市販薬を使用するなど早めの処置が必要です。
また妊娠をするとカンジダにかかりやすくなりますので、将来妊娠を希望する人は完治させていた方が安心です。

繰り返すカンジダ、辛いですよね。しかしカンジダは他の性病と違い、自らの状態を整えることで発症を最小限に抑えることが可能です。自分が発症してしまう原因やきっかけを突き止めて、カンジダに苦しまない生活を取り戻しましょう!