性行為をせずに発症してしまう性感染症トリコモナス

数ある性感染症の中でも、特に女性に多く見られる症状にトリコモナス症があります。トリコモナス症は、鳥類や哺乳類などの感染症の総称として用いられており、人の場合には、主に性感染症となる膣トリコモナスを指します。

性感染症のトリコモナスは原虫の1つであるチツホネマクムシが性器に感染し症状を起こします。他の性感染症とは違い、細菌が原因ではなく原虫が原因になって感染することに特徴があり、炎症の部位によっては、トリコモナス尿道炎やトリコモナス性前立腺炎などと診断されます。

トリコモナスの症状は男女共に違いがあります。女性の場合には膣への強い痛みや痒み、泡状のおりものが増え悪臭がする症状があり、性行為時や排尿時の不快感や痛み、下腹部の痛みを感じることもあります。注意が必要なのは他への感染があり、女性の感染者の20~50%が自覚症状が無いと言われています。

性感染症では、一般的には性行為による感染がほとんどです。しかし、トリコモナスは性行為以外でも感染することが知られており、若者から中高年と年齢に関係なく幅広い層に感染が見られる症状になっています。

トリコモナスの原因となるチツホネマクムシは、人の体内でも主に湿度の高い粘膜部位に寄生し、基本的には人から人へと感染します。性行為以外で感染をしてしまう大きな理由には、チツホネマクムシが持つ性質が大きく関係しており、この原虫は乾燥には非常に弱いものの、反面、水の中であれば長時間生きることができます。そのために、水分さえあればしばらく生存することができ、体外でも感染経路となる可能性があります。

性行為外で感染を防ぐには、まず、トイレやお風呂を使用する際に注意をする必要があります。トイレやお風呂は家庭内感染が多い場所とされており、浴室であればバスタオルや浴用タオルの共有は避け、使用後は浴室椅子などは一度乾燥させておくことが大切になります。また、便座に関しても、布製のカバーなどには十分な注意が必要になります。

トリコモナスでは施設などの利用でも注意が必要です。例えば、プールや入浴施設があります。プールや入浴施設は多くの人が利用するために感染者がいないとは限らず、ここでは、不衛生と思われる場所に座るなどの行為を極力避け、常に感染への意識を持った上で利用することが防止につながります。

フラジールで早めに治療することが大事

膣トリコモナスでは早めの治療が大切になります。症状を放置してしまうと早産や流産、不妊症などになる可能性が高く、疑わしいと感じた場合にはできるだけ早く病院に行き治療を受ける必要があります。

膣トリコモナスではおりものを採取することで確認が行われますが、感染した場合、治療薬としては一般的にフラジールが処方されます。フラジールは、一般の薬局等では販売されておらず、治療をするには病院に行き医師から処方をしてもらう必要があります。

フラジールには経口剤タイプとなるフラジール内服錠と、膣錠タイプとなるフラジール膣錠の2つがあります。まず、内服錠の場合には服用回数が1日2錠、使用期間が10日間、延長不可の治療薬になります。一方、膣錠は内服回数が1日1錠、使用期間は内服錠同様10日間になり、延長による使用が可能な治療薬となります。

フラジールの延長に関しては、10日間使用しても症状の改善が見られない場合に対して設けられており、ここでは、膣錠のみが4日間の延長をすることができます。ただし、延長をする際には必ず医師の確認を取った上で行う必要があり、内服錠の場合には、10日間で一旦服用を止め、1週間あいだを置いてから服用を再開することになります。

フラジールで注意が必要なのは、内服錠の使用があり、内服錠は妊婦初期となる12週未満や授乳中は服用できないことになっています。大きな理由として胎児や乳幼児への安全性が確認できていないことがあり、現在、12週未満や授乳中の場合には、影響が少ないことから膣錠が処方されています。一方内服錠は、妊娠中期となる14週以上であれば胎児に大きな影響はなく服用が可能とされており、医師から十分に説明を受けた上で使用する必要があります。

繰り返すカンジダ、辛いですよね。しかしカンジダは他の性病と違い、自らの状態を整えることで発症を最小限に抑えることが可能です。自分が発症してしまう原因やきっかけを突き止めて、カンジダに苦しまない生活を取り戻しましょう!