性病は自宅で検査キットを使って検査できる

性病になったかもしれないと思った時、病院や保健所での検査を考えますが、泌尿器科や婦人科や保健所などへ行って、性病を検査してもらうのは、恥ずかしさもありますし、勇気のいることでしょう。そこで利用したいのが、自宅で簡単に性病を使って検査できる検査キットです。

検査キットは通販サイトで購入することができます。中に説明書や検査キット、返送用の封筒などが入っていますので、自宅で採血や採尿を行い、返送用の封筒に入れてポストに投函するだけで、簡単に性病にかかっているかどうかを知ることができます。業者に送られた血液や尿は、国が認可している検査機関で、性病に感染しているかどうかを調べ、結果は電話や郵送、電子メールなどで回答されます。医療機関と同様の検査ですので、精度も高く結果は信頼することができます。

キットを使用して調べられる性病はほとんどの種類の性病を調べることができます。特定の性病にかかっている可能性があれば、その性病の種類のキットを購入すれば、感染しているかどうかを知ることができるでしょう。複数の性病にかかっている可能性がある場合は、一度に複数の性病を調べるキットがありますので、そちらを使用された方がよいでしょう。

検査キットの良いところは、病院に行かなくても性病にかかっていることが分かるということです。恥ずかしさもあまりありませんし、精度も高いので、手軽に利用できるというメリットもあります。もし性病になっていないことが分かれば、気持ちも安心しますし、万が一、性病にかかっていたら、その性病を治療することができる病院へ、早めに行きましょう。性病を放置してしまったり、自分が性病にかかっていることを知らずに、不特定多数の相手と関係を持ってしまえば、性病を他人に感染させてしまうことにもなります。中には命を落としてしまう性病もありますので、早めに病院へ行って対処することが重要です。

性病の検査キットは、価格も病院などの医療機関で検査を行った時の費用に比べると、比較的安く利用することができます。また家族に知られずに利用されたいという方は、検査キットを自宅に送ってもらうのではなく、郵便局留めにしてもらって、送ってもらう方法もあります。

保健所や婦人科での検査はいくらくらいかかる?

検査はどこで受けるかによって費用に違いがあります。保健所は無料で行っていることが多く、検査を受けたい場合は、自分が住んでいる地域の保健所に問い合わせて、予約申し込みをしましょう。保健所では、無料で匿名で行うことができますが、日時が限定されていたり、種類が少ない場合があります。できるだけ、他人と顔を合わせないように配慮されていますが、結果は、郵送や電話ではなく、面談で行われるケースがほとんどです。

保健所で行われる検査には、病院で行うよりも検査項目が少ない場合があります。エイズや梅毒、クラミジアや淋病など社会に影響のあるものを中心に行われます。また定員制である場合がほとんどで、1日の定員があらかじめ決められていますので、自分の予定と合わないこともあります。

検査は婦人科などの病院で医師によって行うことも出来ます。費用は検査費用以外にも、初診料や診察代がかかり、病院によっては価格に違いがあります。検査費用は保険適用のものもあれば、保険が適用されない場合もありますので、保険が適用されないと全額負担になりますので、高くなることをある程度、覚悟しておりた方がよいでしょう。病気が1種類の場合は、2000円から4000円ぐらいですが、複数の病気に感染している恐れがある場合は、2万円から3万円ほどかかります。さらに診察代や初診料分がかかります。個人の保険の種類によって、費用にも差があります。

病院で検査を行うメリットは、もし結果が陽性だった場合、医師による治療をそのまま同じ病院で行うことが出来るという点です。病院に行かれる際は、もし感染していた場合、そのまま続けて病院に通うことが出来るかどうかも考慮して、病院を選んだ方がよいでしょう。

繰り返すカンジダ、辛いですよね。しかしカンジダは他の性病と違い、自らの状態を整えることで発症を最小限に抑えることが可能です。自分が発症してしまう原因やきっかけを突き止めて、カンジダに苦しまない生活を取り戻しましょう!