女性のおりものの変化で体調をチェックできる?

多くの女性が、何となく不潔な感じがしてイヤなもの、気になっているものとして意識しているのが、おりものです。おりものは、ある程度成熟した女性なら、誰にでもあるもので、子宮や膣、汗腺から出てくる粘り気のある液体です。いつ身体の奥から降りてくるか分からないので、急にベタベタして、不快感いっぱいになりますし、下着もヨゴレてしまうため、何ともやっかいなものと思われてしまっています。

しかし、おりものは、自分の身体の状態を知る、大切な働きをするものなのです。また、外部からのウイルスや細菌が、身体の中に入ってくるのを防いでくれます。おりものは、膣の中を清潔に保つための役割も果たしています。おりものの状態を知ることで、自分の体調の変化や、病気なども分かるきっかけとなりますので、普段から注意して見ておくことが大切です。

おりもののにおいや状態により、考えられる病気がいくつかあります。まず、色が白くて、カッテージチーズのようにポロポロした形状で、外陰部のかゆみを伴うような場合は、カンジダ膣炎が考えられます。本当にカッテージチーズそのもので、量も多いです。灰色で形状は水っぽく、魚が腐ったようなにおいがして、強い外陰部のかゆみがあるときは、細菌性膣症かもしれません。また、黄緑や異常な黄色で、強い悪臭がして、外陰部が痒いのは、トリコモナス膣炎の可能性があります。

直ぐにでも病院に行って欲しい場合として、膿のようなものが混ざっていたり、水っぽいものが増えたり、下腹部の痛みや発熱を伴う時は、クラミジア感染症や淋菌感染症などかもしれません。

そして1番注意が必要なのは、赤褐色や茶褐色、ピンク色の場合です。不正出血があったり、下腹部痛がある時は、萎縮性膣炎や子宮頸管ポリープ、子宮がんの疑いが出てきますので、早めの受診をすすめます。

おりものが異状を発生しても、自分自身が体調の悪さを実感することは少ないですが、いずれの場合も、自己判断で済ませず、病院できちんと受診することが大切です。

おりものは年齢を重ねるごとに変化する

自分の身体を知る、大事な役割を持つおりものですが、年齢を重ねるごとに、変化していくものでもあります。おりものの量や状態は、更年期障害などでよく耳にする、エストロゲンという女性ホルモンと、大きく関係しています。

初潮が始まった10代の頃は、女性ホルモンの分泌が安定していませんので、おりものの量も増えたり減ったり変化が激しいです。20代から30代にかけては、女性ホルモンの分泌が1番のピークとなります。おりものの量が多くなりますが、その周期は安定してきます。その後、40代から50代にかけては、女性ホルモンの分泌が徐々に少なくなっていきますので、同様におりものの量も減少していきます。一般的に更年期と呼ばれる、閉経後2~3年後の時期は、女性ホルモンがほとんど分泌されなくなり、量がかなり少なくなり、全くおりものが無くなる女性もいます。

妊娠可能な年齢のときは、おりものの量が1番多くなります。おりものは、排卵期に受精のサポートの役割もしてくれます。精子が問題なく順調に進めるように、卵胞ホルモンの指示で、分泌液を増やします。ですので、特に排卵前後や生理が近くなる頃には、量が増えます。また受精後は、胎児を細菌やウイルスから守るためという、大きな目的のために働きます。

このようにおりものは、年齢により働きや役割が変わっていき、量も変化します。とにかく不快感があるおりものですが、女性の大事な身体を全力で守ってくれる頼りになるものでもあります。女性ホルモンの影響で、一定の周期をもっていますので、色や状態を知るだけでなく、自分の周期もチェックして、健康で快活な毎日を送るためにも、上手に付き合っていきたいものです。

繰り返すカンジダ、辛いですよね。しかしカンジダは他の性病と違い、自らの状態を整えることで発症を最小限に抑えることが可能です。自分が発症してしまう原因やきっかけを突き止めて、カンジダに苦しまない生活を取り戻しましょう!